地方公務員試験とは

地方公務員とは、都道府県庁、市役所、町村役場、警察署、消防署、公立学校、公立病院などで働く公務員のことです。

一口に公務員といっても、様々な職種があります。一般行政事務、一般技術職(土木、建築、機械、電気、農業、林業など)、社会福祉、看護師、薬剤師など福祉系・医療系の資格職、司書、学校栄養士など学校教育系の資格職、警察官、消防官など公安系の職種などです。

また、大卒程度、高卒程度などの学歴区分、民間企業等職務経験を必要とすることが多い社会人採用試験、身体障がい者を対象とした採用選考といった区分もあります。

都道府県庁で働きたい、警察官になりたい、学校栄養士になりたい、など、地方公務員になるためには、各自治体等が行う地方公務員試験に合格・採用されなくてはなりません。大卒程度、高卒程度試験は、毎年一回、自治体によりだいたいの時期が決まっています※1。県庁などは同じ日程で試験を行う場合も多く、どこを受験するか決める必要があります。本サイトや過去の日程が掲載された本などを参考に、早めに受験計画を立ててください。

※1(変更される場合は、事前に発表される場合が多いです。また、定員に満たない場合など2次募集が行われることもあります。)

地方公務員試験 倍率

地方公務員試験の倍率

都道府県庁職員採用試験の主な職種の倍率をまとめました。

地方公務員試験 最新日程

公務員試験情報こむいん掲載から一週間以内の地方公務員試験情報です。そのほかの現在募集中の公務員試験はこのページにある各都道府県別のリンクまたは職種別公務員試験からどうぞ。

北海道弟子屈町
福岡県太宰府市
兵庫県神戸市
和歌山県
島根県
岡山県岡山市
岐阜県岐阜市
神奈川県横浜市
東京都青梅市
秋田県大仙市
大分県中津市